和楽器市場



和楽器市場 三味線修理 和楽器市場 三味線付属品






日本製名匠作 民謡三味線 紅木金細 WEB価格 339,000円〜







↓長ケース一覧(ご希望のものをお選びください)
(写真をクリックすると拡大写真・品名をご覧いただけます)






日本製名匠作
民謡紅木金細三味線セット
商品番号 WKS-3903MK
店舗価格 600,000円
WEB価格 350,000円 (税・送料込)
1点限りです
こちらの三味線は展示品ではございません
糸巻き:
長ケース:
胴掛けカラー:
長袋カラー:
譜尺(つぼシール):
数量:
   



民謡紅木金細三味線本体+ケースのみ
商品番号 WKS-3903MK1
WEB価格 347,000円 (税・送料込)
糸巻き:
長ケース:
胴掛けカラー:
長袋カラー:
譜尺(つぼシール):
数量:
   



民謡紅木金細三味線本体のみ
商品番号 WKS-3903MK2
WEB価格 339,000円 (税・送料込)
糸巻き:
胴掛けカラー:
長袋カラー:
譜尺(つぼシール):
数量:
   




 
こちらの民謡三味線は細かいトチが棹表面、側面一部に入っており、色は赤黒いです。木味が良く、堅いのが特長でございます。

全国の金細三味線の平均最低価格を下回ってこの質の良さ、トチの多さですから申し分ございません。通常ですと並紅木の(上)くらいのお値段です。
しかし弊社でしたら35万円で上等品の金細三味線をご購入いただけます。


現在、花林三味線をお使いの方で紅木に買い換えられる方にはおすすめ品でございます。音質は最高で花林三味線とは比べ物になりません。
また、これから紅木三味線から紅木金細三味線に買い替えをお考えの方にも、おすすめする一品でございます。

三味線は木が堅く、トチが多いほど値段が高くなり、その三味線に適した皮を最高の状態で張り上げることにより、音質も価格に比例して良くなります。

金細三味線は紅木の中でも木質の堅いものだけを厳選して製造しておりますので、
音質は大変美しいです。

胴は上質の花林材を組み合わせ、内側には音質効果をより高めるために子持綾杉彫を施しております。継ぎ手には金を埋め込み、二枚溝にすることで目違いなどを防ぎます。
 
糸巻きは紅木本黒檀、皮は三味線に最も適した極上四つ皮を使用いたします。

ご注文後に極上四つ皮を張り上げ、糸巻きを仕込み、皮張りたての三味線をお客様にお届けいたします。
 

弊社で販売しております短棹は通常の棹よりも1.5寸短めており、棹が短くなっている分高い音(10本まで)が出すことが可能です。しかも、ツボとツボの間隔が狭まるため大変弾きやすくなっております。

お客さまの声ページに弊社でご購入いただきましたお客様のご感想を掲載いたしておりますのご覧くださいませ。

※お客様へ
三味線をご購入いただきましたお客様からのご感想メールをお待ちいたしております。宜しくお願いいたします。

※弊社が使用している紅木材の詳細や三味線の知識について。
※下記の棹の写真はすべて商品番号 WKS-3903MKの現物写真です。
↓実物の色




↓照明を当てて撮影している為、
実物よりも明るく写っています。

↓写真をクリックすると拡大写真をご覧いただけます。









棹: インド産高級紅木材(3本継棹)・短棹(1.5寸詰)
二枚溝 東サワリ

胴: タイ産高級花林材・子持綾杉胴・5厘大
糸巻き: 紅木本黒檀糸巻(太口)
皮: 両面極上四つ皮


民謡紅木金細三味線セット WKS-3903MK 付属品内容
 付属品: 胴掛け・音緒・象牙駒・指掛・プラ撥・胴張りゴム・糸・長袋・つや布巾
ハードケース(上)・仮継ぎ


民謡紅木金細三味線本体+ケースのみ WKS-3903MK1 付属品内容
付属品: 胴掛け・音緒・象牙駒・胴張りゴム・長袋・ハードケース(上)・仮継ぎ

民謡紅木金細三味線本体のみ WKS-3903MK2 付属品内容
付属品: 胴掛け・音緒・象牙駒・胴張りゴム・長袋・仮継ぎ


【紅木三味線ご購入の特典】

1】3ヶ月保証
※ご購入日から3ヶ月以内に皮が破けた場合、無償で皮の張り替えをさせていただきます。
※保証対象外(皮が胴からはげた場合。故意に破った場合。)


2】皮張替え無期限5%OFF
※弊社でご購入頂いた三味線のみ皮張替えをWEB価格より更に5%引きとさせて頂きます。

3】湿度調節版をプレゼント※三味線の皮の保護に最適です。






三味線の皮


他社との皮張りの比較
  和楽器市場の皮と皮張りの技術

弊社が使用する皮はプロ御用達の最高品質の皮になります。
全国でも技術力の高い数社しか仕入れることの出来ない希少品です。(弊社を含め関東圏の数社しか仕入れることが出来ません)
皮の最大の特長は皮の繊維の強さです。三味線の心臓部でもある皮は、破ける寸前の限界点まで張ることで音色を最大限に引き出しますが、皮の質、張りの強さで音色が大きく左右いたします。
左図で解説いたしますが、張りの強さ(張力)を数字の1〜10で表すとします。弊社が使用する皮は、皮の繊維が非常に強いため数値の10まで引き伸ばすことが可能ですが、他社の皮ですと繊維が強くないので数値の8ほどまでしか皮を伸ばすことが出来ないのです。
数値の8では三味線の音色を最大限には引き出せませんし、これ以上皮を引っ張ると繊維が弱いために破けてしまいます。
この限界点の差が「皮の差」になりますので音色にも大きく左右いたします。弊社でも他社の皮を過去に使用したことがありますので、この差は非常に大きいのです。もちろん、数値の10まで張り上げることは誰でも出来る技ではありません。
皮は一枚一枚厚さも違いますし、その一枚の中でも微妙に厚みが違います。これを四方向に均等に引っ張っていくわけですが、これが至難の業なのです。
数値の8を超えるあたりから皮の伸ばし方が少しでも狂ってくるとその時点で破けてしまいますので、数値の9、そして10まで皮を引き伸ばすには相当な技術と神経を使います。
弊社ではこの皮張りの技術は大変得意としている技術のひとつですので、三味線の音色を最大限に引き出すことが可能なのです。
三味線は非常に奥が深く、デリケートな楽器ですので、このような技術が兼ね備わっていないと三味線を最大限に生かせないのです。
弊社の三味線が多くの方から高い評価をいただいている理由は、品質はもちろんですが、全国屈指の皮張り技術があるからこそなのです。










※ご注文後に丹精込めて皮を張り上げます


↑紅木本黒檀糸巻き(標準装備)

↑5厘大胴(子持ち綾杉)

↑東さわり付き

↑二枚溝 ↑子持ち綾杉




↑胴掛け(女性柄・男性柄選択可)
(写真の胴掛けはイメージです)

↑音緒(色選択可) ↑駒(象牙駒) ↑指掛け
↑予備糸(1組)

↑撥(プラスチック) ↑(胴張りゴム) ↑長袋
↑つや布巾

↑胴袋(和紙) ↑つぼシール(譜尺) ↑胴掛けゴム
↑仮継ぎ





↓ハードケース
重さ:2.8kg 
↓超軽長ケース・黒
(ショルダー付き)  重さ:1.5kg

三味線ケースの中では最も軽量です。

↓超軽長ケース・グレー
(ショルダー付き)  重さ:1.5kg


三味線ケースの中では最も軽量です。





お支払方法、配送方法に関しては こちらをご覧下さい。